FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/110-69226291

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本リーグ男子プレーオフ決勝レポ


 連覇か逆襲か

前日の準決勝は対照的だった。大同特殊鋼は新人二人の活躍が目についた。ポスト加藤とGK久保。ポスト加藤は加入内定選手ながら堂々の働き。同じく久保も昨年の終盤登録された今年1年目のルーキー。前への飛び出しが一級品で流れに乗ると厄介な存在になっていた。準決勝トヨタ車体戦は終盤に気持ちの強さでチームが一体となり勝負を決めた。終盤に武田と地引がレッドカードを受けたが当日処分されたのは地引のみ。逆に大崎は歯車が一つ合わないような違和感を感じる試合内容。試合開始そうそうに東長浜がレッドカードを受けたが、集中を切らさず層の厚さを見せつけて湧永製薬に勝利。試合内容はなにか物足りない印象。だがそれでも勝ってくるのが大崎の力だった。前日の動き、身体のキレは大同特殊鋼がいいと感じていた。レッドカードを受けた東長浜は決勝では処分されれない事がわかった。


 大同特殊鋼の奇襲

戦前の予想では大崎はDFを0-6DFで来るかと思ったが、準決勝湧永製薬戦のスタートから1-2-3DFを敷いてきた。決勝もスタートから積極的にプレスかけるDFをしていた。対して常に1-2-3DFを敷いている大同特殊鋼はこの日まさかの0-6DFを敷いてきた。地引がいない影響なのかと思ったがとても急にしてきたように見えない統率で素晴らしかった。特にいつもはOF専門のポスト加藤やDFが得意な長身千々波がいい動きをして身体を張りながら大崎フローターをシャットしていた。その甲斐あって試合開始から大同が3連続得点。いきなり3-0となったが大崎も離れず東長浜の巧打で流れを戻す。


 シーソーゲーム

大同が得点したら大崎も得点。大崎が得点したら大同も得点。点差が付かない一進一退の攻防が繰り広げられていた。前日当たっていた両GKの浦和、久保はどちらも流れを引き寄せるようなビッグセーブがこの日は見れず。アップテンポの試合。個人的にはこういう試合はおもしろいが、GKセーブが無いと少し締まらない内容に感じてしまう。そんな中まず抜けだしたのは大崎。決められてもリスタートで大同の気を許さない攻撃。選手も入れ替わりでどんどん攻めてくる。前半27分、猪妻と宮崎の連打でこの試合初の2点リード。大崎DFに対して攻め急いだり、うまくシュートに持ち込めない場面が増えてきた大同。しかし残り30秒で野村が決めて1点差に迫る。大崎TO後攻撃失敗してすかさず残り7秒で大同TO。なにをしてくるかと思ったらゼッケンを来た千々波が走りこんでシュートを決めて同点で前半終了。誰もが騙されたプレーだった。この試合1番のビッグプレー。(現地にいて全くGK久保が下がっている事に気付かなかった。)


 違う流れ

ハーフタイムを挟んで始まった後半は前半と打って変わって両チーム共シュートがなかなか決まらない。少し中だるみの展開。特に大同。大崎の高いプレスに相当手こずる様子が前半から見られていたが後半もそういう場面が多い。だがしぶとくシュートに持っていく。そう簡単に大崎には速攻をやらなせない姿勢。再び抜けだしたのは大崎。相手がDFに手こずる間に着実に得点を重ね今度はリードを生かし試合を運ぶ。後半14分、大同は前日の準決勝ほどの活躍が出来なかった久保に代わり東がゴールマウスを守る。この交代が後々生きる形になる。流れが悪い大同だったが東のセーブで1点差、2点差を繰り返す形でなかなか追いつけない。一つ気になりだしたのは大崎は層の厚さがリーグ随一なのにメンバーがあまり代わらなかった事だ。


 ターニングポイント

迎えた後半20分、大崎の豊田がボールのない所で大同の武田を強く押し退場してしまう。ここを逃さない大同。まずは1点差に詰めて追撃の狼煙をあげる。そして後半22分、大きなプレーで試合が動く。大崎25-24大同の場面で宮崎のパスミス。ルーズボールを大同棚原と大崎横地がチェイス。棚原が長身を生かした手の弾きでボールは大同末松の手に。武田が走っておりついに同点というパスをしようとした時に大崎東長浜が後ろから手を引っ掛けてレッドカード。2試合連続のレッドカードは初めて見た。7mTを野村がキッチリ沈める。さらに大同は末松、山城の連打で今度は大同が2点リードを奪う。これで決まりかと思ったが、大崎はまだ諦めない。土壇場で同点弾を決めてさらに守り逆転のチャンスを迎えたが、宮崎に武田が激しいアタックでレッドカード。こちらも2試合連続。珍しい日もあるものだ。そのまま後半は終わり試合は延長へ。


 代役の存在

ハンドボールの魅力の一つとして自分は交代が自由に出来るという点だと思う。走る量が増えた現代の戦術では多くの交代を使いベンチ入りのメンバー総動員という事は少なくはない。サッカーは3人の交代枠があったり、野球は交代したらもう出番はない。そういう点は本当にいいルールだと個人的に思っている。
リーグ随一の層の厚さを誇る大崎電気だがこの試合は途中からほとんどメンバーを代えずに試合を運んできた。特に普段は攻撃専門の宮崎はこの試合においては攻守両面にてほぼフル稼働しているのは明らかだった。
対して大同は少しながらもメンバーを回していたが、前日の地引のレッドカードによる処分により一人交代するメンバーが少なかったので少々不安が残る。こちらも攻撃専門が多かったポスト加藤がほぼフルで活躍していた。
どちらのチームもレッドカードを受けた東長浜、武田の代わりに活躍する選手が気になる所だった。
大崎は前日と同じく東長浜の代わりは前田、大同は武田の代わりに岸川を起用して延長が始まった。
たった5分間の延長前半で両チーム9点も入る展開になる。特に延長前半終了間際の棚原のシュートが弾かれてルーズを拾ってねじ込んだ末松のシュートは圧巻だった。明らかに大崎と大同に違いがある。
1分間の休憩を挟み延長後半。山城のシュートがバーに弾かれた後に拾ってねじ込んだのは武田の代わりに出てきた岸川だった。これで2点差。延長の5分間で2点差は焦るに決まっている。そして大崎の攻撃。ボールが回ってきたのは前田。そのシュートは東にセーブされる。さらに大同加藤が決めて3点差。大崎は直ぐ様岩永のカットインで7mTを獲得。重要なシュートを豊田が放つが、ここで大同のGKは田中に代わっておりシュートをセーブ。出来た選手が仕事をする大同と仕事が出来なかった大崎。ここで明暗が分かれた。


大崎電気 32(16-16, 11-11, 4-5, 1-4)36 大同特殊鋼
http://www.jhl.handball.jp/jhl36/pdf/361M59.pdf




 リーグ終了

前日の準決勝よりはるかにいい試合をしてくれて良かった。特に大同はシステムチェンジをしながら優れた戦術理解を示してくれた。普段は1-2-3DFのトップで出場する千々波はこの試合左の2枚目を守っていた。開始早々こそ対する東長浜に連続でやられていたがすぐに修正しその後はほぼパーフェクトな守りを披露してくれた。GK東は前日の出番の少なさの鬱憤を晴らすような活躍で後輩に威厳を見せつけた。だが層の厚さには未だに課題が残るようだ。得点者が大崎は11人に対して大同は8人。ほとんどメンバーを代わらずに試合をしてきた事がよくわかる。それでも末松を中心に大崎を走り倒した。得点を決めるごとに盛り上がるベンチは見ていて気持ちがいい。

敗れた大崎は負けるべくして負けたという印象。前日に感じてた攻撃のテンポの悪さが今日も感じられていた。しかしテンポの悪さを解消する時間帯もあった。だが後半終盤や、延長ではまたなにか噛み合わない攻撃が続いていた。だがそれは大同も同じ。なにが違ったのか。ルーズボールが一つ関係しているのかと思う。シュートが弾かれたボールが終盤はほとんどが大同側に転がっていたような気がする。こういう時よく「流れがある方にボールは転がる」などあまり論理的な説明でない事が言われるがそういう状況だったのもしれない。現にフィールドシュート数では大崎54本に対して大同は63本と10本近く差が付いている。またルーズボール処理でも大同のほうが一枚上手だったと思う。キーパーが弾いてエリア内で跳ねているボールや前述の棚原のスーパープレー。そういう細かい所をマイボールに繋げていた大同。小さな所で大崎は既に負けていたのかもしれない。
また層の厚さがありながら終盤ベテラン頼みになったのも原因かもしれない。前述の通り宮崎をほとんどフル稼働、復帰した猪妻、横地等が奮闘したが少し流れが悪い時はフレッシュな力が欲しかった。特に前日いい仕事をして調子の良さそうだった石川をもう少し使っても良かったのかと思う。フィールドプレーヤーのシュートを放ったのは13人。だが1本にとどまった選手が5人といる。その中に石川も含まれている。逆に宮崎は17本のシュートを放っている。脱宮崎しかけていたが結局頼り所が変わってなかった。


DFに関して両チーム共高い戦術を見せてくれた。大崎は高く高く出てとにかく相手フローターに勢いをつけた攻撃をさせない姿勢は前半かなり効いていた。結果論になるが前半にもっとリードして終えていれば後半は少し違う展開になっていたと思う。だがそこは大同清水監督の作戦勝ち。前半終了間際の7人攻撃は素晴らしい。
総合的に見ても監督の交代の差が出たのかと思う。


地震により中止になってから1年が経ち開催中もなにかあるかと冷や冷やしていたが無事に2日間開催出来たことはすごく良かった。
来シーズンは9月から。それまでロンドン五輪最終予選やジャパンカップ、社会人選手権等がある。さらに1チーム増える事が決定している。



今後国内のレベルアップはもちろん代表の強化にどう繋げるか課題だ。ただチーム数を増やすのでなく若年層からの強化が求められる。来年シーズンは残念ながら世界選手権の出場権を逃しているのでそこの期間もリーグ戦を行い、今年より試合数を増やしてもらいたい。というのが本音。

来季はさらなるレベルアップを期待したい。


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/110-69226291

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

すー

Author:すー
すーです。
ハンドボールの関係の仕事をしたいと思ってる23歳フリーターです。
真面目4割、アホ6割で生きています。

Twitter

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。