FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/128-d3657712

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本リーグデータ 湧永製薬編

こんにちは。すーです。
なかなかテンポよく更新出来ませんが、日本リーグのデータまとめです。
今回は折り返しの湧永製薬です。




今季湧永製薬は、全日本総合で準々決勝敗退、レギュラーシーズンで4位と安定した戦いが出来なかったと思います。
ではます今シーズンのデータです。

―表1 湧永製薬データ一覧―
全体合計全体平均前半合計前半平均後半合計後半平均
シュート数73952.835951.338054.3
得点42330.221030.021330.4
被シュート数70150.133648.036552.1
失点38627.618826.919828.3
7mT数342.4233.3111.6
7mT得点292.0172.491.3
被7mT数282.0172.4111.6
7mT失点201.4101.4101.4
シュート決定率---0.572---0.585---0.561
被シュート決定率---0.551---0.560---0.543
7mT決定率---0.853---0.857---0.818
被7mT決定率---0.714---0.588---0.909



まず気になるのは被シュート数(701)と失点(386)の数。被シュート数はリーグで2番目の少なさ。それに対し失点はリーグ5位の多さ。上位4チーム内では被シュート数で20本前後少ない(1試合平均1〜2本)数字を記録しているにも関わらず、失点数は1番多いという結果になっています。
エリア別のシュート数など分かればより結果が詳細にわかりますが、自分のまとめたデータはそこまではわかりません。
被シュート数前半戦の336本(1試合平均48.0本)は断トツで少ない数字でした。これはうまくDFが機能していたという事だと思います。湧永は伝統的に6-0DFを敷いてきます。「湧永山脈」という異名があるように中央4枚に大型の選手を並べてきます。それが前半戦はうまくいきこの結果になったと思います。逆に後半戦では被シュート数が365本(1試合平均52.1本)と1試合で4本ほど増えています。ですが1.5失点ほどしか増えていないのは少し意外でした。
また被シュート決定率も0.551と少し高いように感じます。被シュート数が少ないのに失点が多くなり、勝ちに結びつかないのはここも関係しているのかと思います。

OF面ではシュート数の平均が、前半戦と後半戦では約3本違います。しかし平均得点数はほとんど変わらず(30.0→30.4)。これは少し勿体無い結果です。無駄打ちがなどの確率が低いシュートが増えたのか、それともノーマークなどの確率が高いシュートが増えたのかは不明ですが、1試合平均3本増えたなら得点は1.5〜2.0本ほど増えて欲しいですね。後半戦では大同に29-33、大崎に30-31と4点差、1点差負けがあったので、増えた分の本数がそのまま影響していたらこの2試合は別の結果になっていた可能性もあったと思います。また、7mT数を見ると前半戦に比べ後半戦は半分以下の本数になっています。確率が高い7mTの得点が後半はもう少し欲しかったですね。

湧永の試合を観て感じた事は左腕フローター不足が気になりました。東長浜と樋口の2選手がシュート数120本を越えていますが、それに続く選手が不足してる印象が強いです。左腕というスパイスを加えて一つ違う動きが加わるとまた攻撃のバリエーションが増えると思います。その点については小賀野には期待です。
また、昨季シュート率賞を受賞した左腕サイド新が今季は同じような結果を残せなかったのは誤算だと思います。しかし、佐藤、坂本がその分活躍したことが大きかったと思います。昨季の成績を含めた3人の成績をまとめました。

―表2 サイドプレーヤー比較ー
 10-11 G10-11 SAve.11-12 G11-12 SAve.
741070.69227510.529
坂本12230.52230430.698
佐藤19310.61357850.671
※Sはシュート数、Gは得点


既に知っている方も多いかと思いますが、主将の東長浜が琉球コラソンに移籍することが決まりました。一人抜けただけで大きくチームが変わると思います。それほど影響力が大きい選手でした。今季の得点は75得点を記録している選手が一人抜けるとなるとそれの代わりになる選手が必要です。1試合平均で約5得点。単純に今季の結果から5点を引いてみると2、3試合ほど黒星が増える事になります。もちろん単純に5得点減らすという前提でそんな事はおそらく無いと思います。それを誰が補うのか。またはそれ以上の活躍が残せるのか楽しみであり不安な所だと思います。ですが、今年以上の成績を残すなら必ず新たな力が必要です。

全体的に見てすごく惜しいような印象を受けます。なにかが飛び抜けて良かったという点はなかったのですが、平均的に数字を残しているので結果に結びつかなかったのが残念です。来季はどのような姿が見られるか楽しみです。


データ関係の記事の更新が大幅に遅れてしまいすみませんでした。なるべく新シーズン始まる前に全チーム書きたいと思います。

ではまた。
(敬称略)
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/128-d3657712

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

すー

Author:すー
すーです。
ハンドボールの関係の仕事をしたいと思ってる23歳フリーターです。
真面目4割、アホ6割で生きています。

Twitter

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。