FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/143-5c35cc69

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本リーグデータ 琉球コラソン編

こんにちは。すーです。
日本リーグデータまとめです。もう誰も期待してないと思いますがorz

6チーム目は琉球コラソンです。




琉球コラソンの試合はあまり見れませんでした。ですが、DFが印象的でハマったときはなかなかPO進出チームでも苦戦する場面が見られてりもしました。

まずはシーズンのデータです。

―表1 琉球コラソンデータ一覧―
全体合計全体平均前半合計前半平均後半合計後半平均
シュート数67548.233147.334449.1
得点33724.116723.917024.3
被シュート数69049.334349.034749.6
失点38927.820128.718826.9
7mT数312.2142.0172.4
7mT得点211.581.1131.9
被7mT数282.0162.3121.7
7mT失点181.3111.671.0
シュート決定率---0.499---0.505---0.494
被シュート決定率---0.564---0.586---0.542
7mT決定率---0.677---0.571---0.765
被7mT決定率---0.643---0.688---0.583


コラソンのデータはとても特徴的です。まず1試合のシュート数、被シュート数が少ないということ。合計1365回(675+690)はリーグで1番少ない数字です。1試合平均97.5本。以前トヨタ紡織九州の回でも紹介しましたが、トップのシュート回数を誇る大崎、紡織とは10本ほど違います。攻撃回数が減れば、多くのケースは得点数が減ります。コラソンの場合は攻撃回数は少ないけど、相手の攻撃回数も少ない。なので接戦なら勝機が生まれる可能性が十分にあるということになります。

今季30失点がコラソンにとっていい目安だと思います。得点では30点以上は一度もありません。つまり30失点をすると必然的に負けるという事になります。今季30失点を超えた試合は6度。いずれも5点差以上で、悪い時は10点以上離されて負けています。でずが、30失点をしない場合は接戦だったり勝利したりと健闘しています。これがチームとして目指すやり方なんじゃないでしょうか。大崎や紡織みたいにバンバン攻める、攻められる得点の多い試合は観ていて確かにおもしろいです。ですが、コラソンみたいなギリギリで勝ったり、負けたりするハラハラする1点の攻防もおもしろいと思いませんか。得点が少ないので小さなミスが後々痛い事になったりして僕はけっこうおもしろいかなと思います。

コラソンは、DFがハマりだすと結構おもしろいです。コラソンの試合は11月19日のトヨタ車体戦のみ現地観戦しました。結果的には13-36と車体の快勝でした。ですが、車体の攻撃はほとんど確率の高い速攻、セットOFは苦しくなってる場面が多かったと思います。前に出る1-2-3DFが相手のリズムを崩す場面が多くなかなかいいんじゃないかと思いました。
その試合の公式記録を見ると、車体は前半10分までに8-1と大きくリードしますが、その後10分間は2点しか取れませんでした。http://www.jhl.handball.jp/jhl36/pdf/361M11.pdf
こういう時間がもっと増えれば、今季2~4点差で落としていた試合も結果が変わってくるのかなと思います。

次に気になる数字は、7mTの決定率、と被7mTの決定率。
まず7mTの決定率についてですが、リーグで2番目の決定率の低さ。31本と獲得した本数はリーグ3位の多さながら生かせてないポイントかと思います。80%を超えるようになれば今より3本ほど増えます。確率の高いところでキッチリ決めれるようになれば、少しづつ順位も上がるかと思います。
7mTの確率は低いですが、被7mTの確率も低いですね。被7mTの決定率の低さはリーグで1番の数字です。確率的に3本に1本止めてるコラソンGK陣は優秀だと思います。60%台はコラソンだけです。
16番の内田は9/24=0.375(これはセーブ率)と好成績を残しています。
接戦を制するには7mTの得点を増やすのもひとつのポイントかと思います。


今季は新たに湧永製薬を退団した東長濱秀作が加入します。セットOFで大きな好影響を与えてくれることは間違いないです。セットで点を取れれば、相手は確率の高い速攻の機会が減ります。DFに洗練さが加わってくるとちょっとおもしろい存在になるんじゃないのかなとも思ってます。
男子のチームで、1チームだけの特殊な存在ですが、個人的にはすごく頑張ってほしいと思ってます。


以上です。残り2チーム開幕までにしっかりと終わらせたいと思います。
ではまた。
(敬称略)

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/143-5c35cc69

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

すー

Author:すー
すーです。
ハンドボールの関係の仕事をしたいと思ってる23歳フリーターです。
真面目4割、アホ6割で生きています。

Twitter

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。