FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/75-b610e066

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

日本リーグ折り返しデータ

こんにちは。ケツを叩いてもやる気が起きない人間で有名なすーです。
ギリギリまで粘って諦める。そんな人生で24年過ごしてきました。

27日で日本リーグ男子は1回戦が終わり折り返しを迎えました。
3月のプレーオフに向けてどのチームが生き残るのかまだまだわかりません。
そこで少し試合のデータを個人的にまとめてみました。
日本リーグのサイトに載っている事以外での事ですので少しは楽しめるかと思います。

まず現在の順位からご確認下さい。
http://www.jhl.handball.jp/jhl36/results/standing.html?1

開幕前の予想では大崎の戦力が一歩抜けだしているかなと思ってましたが、早くも2敗と昨年と同じ黒星を喫しています。
首位の車体は初戦の大崎戦をいい形で勝利したのが大きかったのか調子が良さそうに感じます。

車体はまず注目するべき点は得点力。7試合229得点はリーグでは大崎の237得点に次いでの数字です。
ただ得点力もですがそれより抜けていたのがシュート確率です。
各チームのシュート数と得点の合計の値、決定率はこちら。カッコ内は1試合平均の値です。

大崎電気:237得点/401射(33.9得点/57.3射)=0.593
湧永製薬:212得点/355射(30.3得点/50.7射)=0.599
大同特殊鋼:210得点/346射(30.0得点/49.4射)=0.604
トヨタ車体:229得点/356射(32.7得点/50.9射)=0.641
トヨタ紡織九州:220得点/364射(31.4得点/52.0射)=0.605
琉球コラソン:167得点/331射(23.9得点/47.3射)=0.503
豊田合成:194得点/366射(27.7得点/52.3射)=0.532
北陸電力:151得点/308射(21.6得点/44.0射)=0.494


これを見るとかなり確率は抜けた存在になっています。もしも車体がこのままの確率でシュート本数トップの大崎と同じ本数を打っていたとしたら257得点となり大崎よりも20本(約1試合3得点)多い計算になります。
車体は昨年は唯一シュート率が6割を超えているチームだったので今年もこの調子で行けば連続6割超えも可能だと思います。なにより全体の得点力アップが大きな成功だと思います。
ただ問題は現在の土日連戦続きで総合まで入る事による疲労の面。今季車体は2試合見ましたが、ほとんど同じメンバーで望んでいる時間帯が多く連戦+移動の連続で確実に疲労は溜まっていると思います。昨年逃した総合の優勝を勝ち取れるか選手達のコンディションが課題だと思います。

苦しみながらも結果を最低限残したのは湧永と大崎。
湧永は開幕戦のコラソンに辛くも1点差で逃げきりたり、合成ではアウェーで1点差に泣いたりと接戦が多いです。しかしそんな中でも大崎と車体に勝利したのは大きなポイントです。
湧永のポイントはDF。退場数が14とかなり少ないです。平均で1試合4分間一人少ない時間を戦っている事になります。伝統の0−6DFを安定して出せる時間が増えれば勝機が増えます。

そして昨年の王者大崎ですが、開幕3戦で1勝2敗と完全にスタートに失敗しましたが、その後立て直し4連勝で折り返し。スタート失敗の理由としては退場の多さが一つのポイントかと。
黒星を喫した車体戦、湧永戦は退場数が5と6。対して車体の大崎戦の退場数は5と同じですが、湧永の大崎戦
の退場数は2と差がついております。
流石に8分も1人少ない時間もあれば勝ち試合も逃してしまいます。ここが今季の大崎のウィークポイントだと思います。7試合で退場数は28度とダントツの数字です(次に多いのが豊田合成の20)。
個人技が優れているメンバーがそろっていても5対6の場面では苦しいものがあります。大崎の試合は2試合見ましたが、0−6DFに加え1−2−3DFを仕掛けてくる時が多いので退場が多くなっているのかと思います。
後半戦は退場数が減ればその得点力がさらに増し勝ち試合が増えることだと思います。
大崎の退場数、退場中の得点、失点のそれぞれの試合での値です。

トヨタ車体戦:5回5得点8失点
北陸電力戦:2回3得点4失点
湧永製薬戦:6回3得点7失点
豊田合成戦:2回1得点2失点
トヨタ紡織九州戦:5回3得点5失点
大同特殊鋼戦:4回0得点5失点
琉球コラソン戦:4回3得点6失点
合計:28回18得点37失点


退場中は誰もがわかっていますが、明らかな不利な状況です。しかし勝ちにいくなら退場中も耐えて、攻めるのが強い勝つチームだと思っています。
また主力の高齢化も一つの要因としてあるかと思います。宮崎、豊田、永島とこぞって30代になり今年のような土日連戦続きはキツイと思います。まあ大崎は他に比べて移動がかなり恵まれてるようには感じましたが。

昨年プレーオフに進出し(東日本大震災の為中止)、国体でも優勝したトヨタ紡織九州ですが現在5位で上位陣と差が出初めています。上位陣と差が出てるのは失点でしょうか。得点力は先ほどデータを出したように悪くわないんですが、他のチームに比べ少し失点が多いです。上位4チームとの直接対決ではすべて35点前後の失点を喫しています。
得点と同じ用に失点と被シュート数、決定率を計算しました。

大崎電気:202失点/355射(28.9失点/50.7射)=0.567
湧永製薬:186失点/340射(26.6失点/48.6射)=0.550
大同特殊鋼:176失点/343射(25.1失点/49.0射)=0.514
トヨタ車体:177失点/356射(25.3失点/50.9射)=0.488
トヨタ紡織九州:215失点/378射(30.7失点/54.0射)=0.574
琉球コラソン:201失点/343射(28.7失点/49.0射)=0.585
豊田合成:220失点/361射(31.4失点/51.6射)=0.606
北陸電力:239失点/360射(34.1失点/51.4射)=0.660


車体が首位にいるのがよくわかると思います。これだけ相手の決定率が低いのはやはりGK陣がいいからですね。今年からベンチ入りが14人から16人に増えたのは間違いなく車体にとっては追い風となりました。昨年までだとGK3人のうち2人誰を選ぶか、もしくはコートプレイヤーを1人外してGK3人ベンチ入りさせるかかなり悩ましいポイントです。それがベンチが2枠増えたお陰でGK陣3人ベンチ入りが可能になり調子のいい選手を起用出来る事がこの相手の決定率の低さを生んだのかと思います。

シュート数に比べ被シュート数はだいたい350射前後の値に収まっています。シュート数だと最多の大崎と最小の北陸電力では約100本の差が出ているのに被シュートでは最多の紡織九州と最小の湧永、コラソンとの差は約40本。なかなかおもしろいデータだと思います。

先ほど述べていた紡織の件ですが被シュート数が1番多いです。上位4チームと比べると平均で1試合5本程多く打たれていることになります。単純計算の問題ですが、シュート率は大体50%に収まる傾向があるので5本相手に多く打たれるとだいたい2本か3本は決められる計算になります。
後半戦上位陣に勝ちに行くとしたら被シュート数が減れば車体、大同の2点差負けをひっくり返せると思うのでまだまだプレーオフ進出の可能性はわかりません。

下位の3チームはやはりこうして見ると攻守共にもう一つもの足りなさが出てきます。それでも合成が1点差で湧永を破ったように少ないけどチャンスはあると思います。
特にコラソンはDFがおもしろい!変則2−4DFで上位陣が手こずる時間がもっと増え、自分たちはそこから早い展開に持っていけば接戦になると思います。車体対コラソンは会場で見ましたが、好調だった車体OFをセットだけでしたら7連続ぐらい止めている時間がコラソンにはありました。ただそこで点を取れたかというとなかなかそうはいかず、車体とのフィジカル差があったのでセットOFではうまく攻めれてなかったのが印象深いです。

他のおもしろいデータとしては7mTにてまだ1本も外してないチームが2チームあります。
1つはトヨタ車体(16得点/16射)、もう一つは豊田合成(9得点/9射)。
しかも両チームとも7mTを放ったのは未だ1人のみ。
車体は2年目の司令塔木切倉。合成は同じく2年目の野田。
残り7試合どうなるでしょうか。失敗無しのままシーズンを終えるかそれとも途中で止められるか。試合を見る中で一つ楽しみがふえそうです。

長くなりましたが以上です。
12月17日の試合を終えると日本リーグは残り3試合となってしまいます。
ぜひみなさん会場に足を運びましょう!昨年より観客数が少し減っているのが残念です。
日程はこちらから確認して下さい。http://www.jhl.handball.jp/jhl36/schedule/jhlsch.html
3月3日、4日は男女が同じ会場で試合を行う場所が多いのでこれは狙い目です!

ではまた。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/75-b610e066

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

すー

Author:すー
すーです。
ハンドボールの関係の仕事をしたいと思ってる23歳フリーターです。
真面目4割、アホ6割で生きています。

Twitter

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。