FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/79-712e7645

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

世界選手権決勝トーナメント進出決定!

こんにちは。毎晩興奮気味のすーです。エロイ意味で。

日本決勝トーナメント進出決定しました!
これを書いてる時点ではまだグループの順位や今後の試合日程は確定してないのでこれ以上はかけません。わかり次第更新します。
下書きしていたら日本の次の試合決まりました。
日本はGroupC4位で相手はGroupD1位のデンマークとなりました。
現地時間12日の17:15から。日本時間13日4:15からです。

さて、日本はチュニジア、キューバと勝利し、ルーマニアには引き分けで勝点5を獲得しました。
初戦フランス、第2戦ブラジルと大敗スタートしたときはどうなるかと思いましたが本当にうれしいです!
この日本の快進撃についてIHFに記事がありましたのでまたまた勝手に翻訳したいと思います。
引用ここから

Nippon’s daughters on the run – Japan is the big surprise team

It was a tough year for Japan after the earthquake, the tsunami and the nuclear catastrophe of Fukushima had hit the country hard. Nevertheless the joy of life has returned, also thanks to successes in sports. It was an absolute surprise when the Japanese football women became World Champion in Germany after a dramatic penalty shoot-out against USA, and now “Nippon’s daughters” are on the run at the Women’s Handball World Championship, too.
After two clear opening defeats against France, Silver medallist of the 2009 World Championship, and host Brazil, the Japanese team really improved in their subsequent matches – and the Asians became experts for last-second goals. First they struck back against Romania, when they were three goals down 70 seconds before the end. Japan scored twice, before Aiko Hayafune secured the sensational 28:28 draw with a counterattack goal in the very last second. This unexpected point meant a huge step towards the eight-finals, but still two matches were ahead.
The match against Tunisia on Thursday 8 December was decisive – and Japan was well-prepared. Their Korean coach Kyungyoung Hwang is known for in-depth analysis of the opponent, and his tactics worked well. “We knew that we had to mark Mouna Chebbah and Ines Jaouadi very closely if we wanted to be successful, and exactly this strategy brought us the decisive victory,” Kyungyoung Hwang proudly said after beating the African Championship’s runners-up 32:31 – again thanks to a goal with the final buzzer. Shio Fujii kept cool from the seven-metre spot – and by scoring her eleventh individual goal she secured the first Japanese victory in Brazil.
Being one point ahead of Tunisia before today’s last match day in Group C the Japanese are close to reaching the eight-finals, having yet to face Cuba (zero points) on Friday – a draw would even be enough to go on. But as the Japanese are known for their reluctance they are absolutely aware of this game: “We have won nothing until now. We are happy of what we have reached, but we have not yet arrived at the final destination,” goalkeeper Hiromi Tashiro said, adding: “We have to give a 100 per cent.”
And coach Kyungyoung Hwang is pleased about the way his team presents itself in Brazil, after Japan had been improving on continental level before. In 2011 they first reached the final of the Asian Games in Guangzhou, but lost to host China. And four weeks before the World Championship Japan played extraordinarily at the Asian Olympic qualification tournament in Changzhou, China. Winning the three first matches they played a real final against Korea in the final match of this tournament. And for 48 minutes Nippon was close to the sensation, but lost narrowly in the end.
“It is the problem that we hardly have any matches against teams from other continents. So it took us some time here to adapt to the physically strong teams from Europe,“ coach Kyungyoung Hwang said. And he is proud of the way his team plays: “We show a great fighting spirit until the very last second. It is the Japanese mentality that we never give up – and we are also physically well-prepared.”
And especially Shio Fujii seems to be in the form of her life: After five match days she is the leader of the overall top scorer ranking with 31 goals in four matches – with an incredible percentage in terms of seven-metre throws, having scored 14 from 14 penalty shots. And she is confident about the future: “We are on the best way to reach our highest level.”
By reaching the eight-final Japan would have already reached their best position at World Championships since 1986 and rank 14. Since then the 16th position of 2003 and 2009 has been the top result. And the Japanese still have chances to go to the Olympic Games in London. They have already booked their ticket to one of the Olympic Qualification Tournaments in May 2012.



引用ここまで



走り続ける日本人女性ー日本チームはサプライズチーム

今年は日本にとってキツイ一年だった。地震が起き、津波が来て、福島第一原発の事故をこの国を襲った。そんな状況にも関わらず日本はスポーツの世界における成功により人生の喜びが戻ってきた。女子サッカー日本代表がアメリカにPK戦で勝利し、ドイツの地でワールドチャンピオンになったのは世界中が驚いた出来事だった。そして今、日本人女性が女子ハンドボール世界選手権でも同じように周囲を驚かせています。
開幕2試合の前回大会銀メダリストのフランス、開催国のブラジルとの試合は大敗しました。その後日本は修正し、日本は最後の数秒の専門家になりました。まずは残り時間70秒で3点リードされてたルーマニアに襲いかかります。2点追撃し残り数秒の所で早船愛子が速攻で得点を決め28-28と衝撃的な結果を残します。このポイントでベスト16進出も可能にするものになる重要な勝点でした。残りは2試合。
12月8日木曜日に行われたチュニジア戦はとても重要な試合でした。日本は十分に調整していました。日本の監督黄慶泳(ファン キョンヨン)は対戦相手の情報を解析し熟知していたため、彼の狙いは見事に当たりました。「もし我々がチュニジアに勝つのなら相手のMouna ChebbahとInes Jaouadiをしっかりとマークしなければならないと確認していた。 」と黄監督はアフリカ選手権準優勝のチュニジアを32-31で勝利した試合後誇らしげに述べています。決勝点は試合終了のブザーと共にあげています。藤井紫織は7mスポットに立っても冷静を保っていました。彼女はこの試合11得点目を叩き出し今大会日本の初勝利を呼び寄せました。
最終戦を残しC組でチュニジアより勝点1上回っている日本はベスト16進出に王手の状態です。なぜなら金曜日は未だ勝点0のキューバと対戦するからです。引き分けでも十分ですが、日本は気を抜かず勝ちを狙ってきます。
「わたしたちはまだ何も勝ちとっていない。ベスト16へ王手へかけたのはうれしいが、これが最終目標ではない」とGK田代ひろみは言い、「全力を尽くすのみです」と付け加えた。
黄監督は日本が以前より大陸レベルでの改善さ、ブラジルの地で自分たちの試合の内容には満足しています。2011年は広州アジア大会で決勝まで進んだが開催国の中国に屈しました。今大会の4週間前は中国常州で非常に重要だったオリンピックアジア予選をこなしてきました。最初の試合はすべて勝利し、この大会での事実上での決勝で韓国と対戦しました。48分まで日本は韓国と同等の試合でしたが、最終的には僅差で負けました。
「我々はほとんどアジア以外の大陸の国々と試合をしないとういうのは大きな問題だった。だから我々はフィジカルの強い欧州のチームに手こずっていた。」とファン監督は言いました。彼はチームプレイに自信を持っていて「最後の最後まで諦めないファイティングスピリッツをお見せしましょう。それが日本人の諦めない心です。そして我々は良い準備が出来ている。」
その中で特に注目すべき点は藤井紫織。彼女のこれまでの成果を現すかのように5日目を終了し予選ラウンド4試合で31得点し得点ランキングでトップを走っています。7メータースローは信じられないほどの確率で14本打って14本すべて決めています。彼女はこの先の試合にも自信をもっており「より高いレベルに到達するために最適な方法をするだけ。」と述べています。
eight-finalに王手をかけた日本は1986年の世界選手権で14位となった以上の記録を残せる事になります。世界選手権では2003年、2009年で記録した16位以来の記録になります。そして日本はまだオリンピックへの道は途絶えてはいません。すでに2012年5月に行われる世界最終予選にいくことが決まっています。


とこんな感じに訳してみましたがいかがでしょうか?わからない所が多くて今回も自信がないのでご指摘お願いしますm(__)m
特にタイトルの「Nippon’s daughters on the run」がどう訳したらいいかよくわかりません。
ぜひうまい訳を教えてもらいたいです。

ではまた。

引用元http://ihf.info/IHFCompetitions/WorldChampionships/WomensWorldChampionships/WomensWorldChampionship2011/News/NewsDetails/tabid/5824/Default.aspx?ID=932
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://suhd.blog.fc2.com/tb.php/79-712e7645

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

すー

Author:すー
すーです。
ハンドボールの関係の仕事をしたいと思ってる23歳フリーターです。
真面目4割、アホ6割で生きています。

Twitter

検索フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。